TMP

COLUMNコラム

24/6/27までの世界のWeekly News

COLUMN24/6/27までの世界のWeekly News

ここでは世界の報道されているニュースの中で弊社が気になった記事をピックアップします。(元サイトは主に英語です)

トランジション・ミネラル

The Guardian - https://www.theguardian.com/global-development/article/2024/jun/25/battle-lines-redrawn-as-argentinas-lithium-mines-ramp-up-to-meet-electric-car-demand
アルゼンチンのリチウム鉱山が電気自動車需要に対応するため、戦線を再編成この国の塩田に眠る貴重な金属を追い求める鉱山会社は、植民地時代の「分割統治」戦術を非難されている。

ロイター - https://www.reuters.com/business/autos-transportation/canada-says-it-might-impose-import-tariffs-chinese-evs-2024-06-24/
EUと米国に触発されたカナダ、中国のEVに輸入関税を課すことを検討カナダは月曜日、中国製の電気自動車に関税を課すかどうかを検討していると発表した。

Bloomberg - https://www.bloomberg.com/news/articles/2024-06-24/lithium-s-ongoing-slump-has-traders-searching-for-recovery-signs
リチウムの低迷が続き、トレーダーは回復の兆しを探している電池用金属リチウムが大不況から立ち直ることを期待していたリチウム業界関係者は、電気自動車の需要シグナルが暗いままであるため、在庫が積み上がり、価格が今月再び下落したことに気づいている。

外交ポリシー - https://foreignpolicy.com/2024/06/26/china-africa-infrastructure-lobito-tazara-rail-export-critical-minerals/
アフリカの重要な鉱物資源レースがヒートアップアメリカ政府は、ザンビアとコンゴ民主共和国の重要鉱物の鉱山とアンゴラのロビト港を結ぶ鉄道路線の復活を支援している。この回廊は、バイデン政権がアフリカで中国に対抗する計画の鍵となるものだ。(中国企業は3カ国すべてで大規模なインフラ投資を行っている)。

Mongabay - https://news.mongabay.com/2024/06/study-more-than-half-of-australias-clean-energy-mines-lie-on-indigenous-land/
オーストラリアのクリーンエネルギー鉱山の半分以上が先住民の土地にあるクリーンエネルギー技術に必要な鉱物を生産するオーストラリアの鉱山の半分以上が、先住民の土地として正式に認められている土地内にあることが、新たな調査で明らかになった。

ワシントンのアラブ湾岸諸国研究所 - https://agsiw.org/saudi-arabias-and-the-uaes-quest-for-african-critical-minerals/
サウジアラビアとUAEによるアフリカの重要鉱物の探求5月27日、アブダビ首長国の政府系投資会社であるインターナショナル・ホールディング・カンパニーが、ザンビア政府とコンコラ銅鉱山の買収交渉を進めていることを発表した。この動きは、アラブ首長国連邦とサウジアラビアが化石燃料からの脱却を目指し、経済の多角化を図る中で、重要鉱物への投資を増やそうとする集中的な取り組みの一環である。

ロイター通信 - https://www.reuters.com/world/india/india-auction-21-critical-mineral-blocks-across-more-than-six-states-2024-06-24/
インド、6州以上にまたがる21の重要鉱区を競売へインド政府は月曜日、6州以上にまたがる8300億ルピー(99億4000万ドル)相当の第4次入札の一環として、21の重要鉱区を競売にかけると発表した。

Mining.com -https://www.mining.com/web/us-backs-angola-plan-to-process-critical-minerals-export-power/
米国、アンゴラの重要鉱物処理と電力輸出計画を支持米国は、アンゴラが石油に依存した経済から、重要な鉱物資源を加工し、クリーンな電力を輸出する経済へと多角化する努力を支援している。

The Conversation - https://theconversation.com/mining-needs-more-regulation-according-to-south-africans-survey-232572
南アフリカ国民に聞く、鉱業には規制強化が必要
調査結南アフリカは、1994年の民主主義の夜明け以来、天然資源の採掘から国民が均等に利益を得られるようにするにはどうすればよいかをめぐって争ってきた。アフリカ民族会議、経済的自由の戦士たちなど、さまざまな政党が選挙マニフェストを通じて、これを達成するための計画を提示してきた。しかし、南アフリカの採掘産業のガバナンスについて、市民の声はほとんど聞こえてこない。本稿は、このギャップを解消することを目的としている。アフロバロメーター・リサーチ・ネットワークによる最近の調査と、アフリカにおける社会経済開発、政治制度、資源ガバナンス、エネルギー政治に関する私の研究から得られたものである。

Marsh - https://www.marsh.com/nz/industries/mining/insights/enhancing-mining-companies-resilience-amid-political-risk-uncertainty.html
地政学と地質学:政治リスクの不確実性の中で鉱業会社のレジリエンスを高める。重要鉱物の必要インフラ、輸送、貯蔵を含む重要なバリューチェーンを確保するために、企業は、生産資産だけでなく、サプライチェーン全体の政治リスクを再考し、これらの複雑で収束しつつあるリスクと、それらが事業運営に及ぼしうる影響を分析すべきである。政治リスクと不払いソリューションの活用を通じて、こうしたリスクを軽減する戦略を理解することは、経済と政治が不透明な時期における重要な戦略となり得る。

ガーディアン紙 - https://www.theguardian.com/business/article/2024/jun/26/it-doesnt-make-sense-why-us-tariffs-on-chinese-cleantech-risk-the-green-transition
なぜ米国は中国のクリーンテックに関税をかけるのか?再生可能エネルギーへの需要は世界的に急増しているのに、なぜソーラーパネルや風力タービン、電気自動車を欧米の消費者にとって割高にするのか?

生物多様性

ODI - https://odi.org/en/publications/a-fair-share-of-biodiversity-finance-apportioning-responsibility-for-the-20-billion-target-by-2025/
生物多様性資金の公正な配分2022年、生物多様性に関する多国間の主要なガバナンス機関である生物多様性条約の締約国は、生物多様性の損失がもたらす増大する課題に対処するため、昆明・モントリオール生物多様性グローバル枠組みを採択した。この枠組みの下で、各国は具体的な目標リストに合意しており、そのひとつが、2025年までに少なくとも年間200億ドルを途上国に提供し、2030年までに少なくとも年間300億ドルまで増加させるというものである。私たちは、過去60年間のエコロジカル・フットプリントと、国民総所得と人口から算出される支払い能力に基づいて、生物多様性の枯渇に対する各国の歴史的責任を評価し、200億ドル(これは最低目標であることに留意されたい)の「公平な負担」を算出する。

ガーディアン紙 - https://www.theguardian.com/environment/article/2024/jun/20/uk-among-rich-countries-not-paying-fair-share-to-restore-nature-report-aoe
自然回復に正当な負担をしていない豊かな国の中の英国
報告書イギリス、カナダ、ニュージーランド、イタリア、スペインの(資金提供額)は、豊かな国々が貧しい国々に自然保護資金の提供のため割り当てられる「公平な負担額」の半分以下であることが、新しい報告書で明らかになった。

Edie - https://www.edie.net/uk-government-urged-to-treble-international-biodiversity-funding/
英国政府、生物多様性国際資金の3倍増を要請これは、本日(6月20日)発表されたODIの新しい分析によるものである。キャンペーン・フォー・ネイチャーの委託を受けたこの報告書は、国連で採択された生物多様性条約の主要な目的を達成するための国際的資金の割り当てレベルを分析している。

ガーディアン紙 - https://www.theguardian.com/environment/article/2024/jun/25/protecting-just-12-of-earths-land-could-save-worlds-most-threatened-species-says-study-aoe
地球上の土地のわずか1.2%を保護することで、最も危機に瀕している種を救うことができる、との研究結果
地球表面のわずか1.2%を自然保護することで、世界で最も絶滅の危機に瀕している種の絶滅を防ぐことができる、という新しい研究が発表された。

ガーディアン紙 - https://www.theguardian.com/environment/article/2024/jun/26/most-of-it-was-dead-scientists-discovers-one-of-great-barrier-reefs-worst-coral-bleaching-events
グレートバリアリーフ最悪のサンゴ白化現象を発見「そのほとんどが死滅」高解像度のドローン画像を分析した結果、今年3月から6月にかけてリザード島のサンゴ礁で97%のサンゴが死滅したと結論づけられた。

食料安全保障/農業生産

フィナンシャル・タイムズ紙 - https://www.ft.com/content/64ee15d1-c61e-4f48-b6ce-58956176beb0
世界は「食料戦争」に向かう、大手商品トレーダーが警告地政学的な緊張と気候変動が、供給量の減少をめぐって各国を対立に追い込むため、世界は「食料戦争」に向かっていると、世界最大の農産物トレーダーの一人が語った。

News-Medical - https://www.news-medical.net/news/20240625/Global-food-collapse-looms-amid-heat-and-water-stress-warns-new-study.aspx
暑さと水ストレスの中、世界的な食糧危機が迫っている。学術誌『Scientific Reports』に掲載された最近の研究において、研究者たちは、世界の食料安全保障と食料生産に対する熱と水のストレスの影響を調査するために、大規模な次元の計算モデルを使用した。その結果、2050年までに世界の食料生産は最大14%減少し、深刻なレベルの食料不安を経験する人が最大13億6,000万人増加する可能性があることが示され、気候変動政策において水と熱ストレスに対処することの重要性が強調された。

カーボン・ブリーフ - https://www.carbonbrief.org/experts-what-is-causing-food-prices-to-spike-around-the-world/
専門家世界的な食料価格高騰の原因は何か?今年、アメリカの卵からインドの野菜まで、食品価格の高騰が世界中で話題となった。国連食糧農業機関の食料価格指数は、2023年の大半は低下していたが、ここ半年は徐々に上昇している。例えば、米国の濃縮オレンジジュース価格は4月に1年前より42%上昇し、英国のフレッシュオレンジジュース価格は昨年1年間で25%上昇した。ギリシャでは、オリーブオイルの価格が2023年に30%近く上昇し、今年4月には63%以上も上昇した。カーボン・ブリーフは、世界中の科学者や政策専門家に、世界的な食料価格の高騰を引き起こしている最大の要因について尋ねた。

Nature - https://www.nature.com/articles/s41893-024-01375-x
世界の農地と作物収量に対する低頻度・高強度の洪水の脅威洪水災害は農業生産に大きな脅威をもたらす。洪水頻度が高い(HFF)地域では農業適応策が普及し体系化されている傾向があるが、洪水頻度が低い(LFF)地域では無視されている。ここでは、衛星画像を用いて、2000年から2021年の間に発生した3,427件の洪水事象について、LFFとHFFの世界的な空間分布を250mの解像度でマッピングした。その結果、LFFはHFF(1.2%)よりも農地面積に占める割合が大きく(4.7%)、HFFはより狭い地域でより低い強度で発生したことが示された。2000年から2019年にかけての農地拡大により、LFFで影響を受けた面積(3.1×104km2)はHFFで影響を受けた面積(1.3×104km2)よりも増加した。さらに、LFFによる小麦と稲の平均収量損失は、HFFによる収量損失よりも大きく、その理由は、降水量の異常、土壌水分の異常、および生育期における作物の洪水が大きかったためである。今回の調査結果は、この問題の緊急性を浮き彫りにし、頻度こそ低いが影響の大きい洪水を防ぐための優先地域を特定するものであり、洪水に適応した政策を立案するための貴重な情報を提供するものである。

ロイター通信 - https://www.reuters.com/business/environment/black-sea-us-midwest-extreme-weather-threatens-crop-output-2024-06-24/
黒海から米中西部まで、異常気象が農作物の生産を脅かす。黒海地域の穀倉地帯では乾燥が予想され、ヒマワリやトウモロコシの収量が伸び悩みそうだ。一方、米国では記録的な高温の後に大雨が降り、農作物が被害を受け、世界の供給が圧迫され、価格が上昇する恐れがある。

ブルームバーグ - https://www.bloomberg.com/news/articles/2024-06-25/china-s-farmers-brace-for-more-rain-and-flooding-risk-to-crops
中国の農家、さらなる降雨と農作物への洪水リスクに備える中国中南部の一部では今週も豪雨が続くと予想されており、降水量が多く、すでに人命被害や農作物の洪水被害が出ている地域を直撃している。

サウスチャイナ・モーニング・ポスト - https://www.scmp.com/news/china/science/article/3267994/china-must-be-better-prepared-extreme-weather-and-disasters-influential-newspaper-says
中国は異常気象や災害への備えを強化すべきと有力紙が指摘猛暑と洪水で農業被害が拡大する中、当局は警告システムと緩和のために先端技術を利用する必要がある、と経済日報。

テレグラフ紙 - https://www.telegraph.co.uk/global-health/climate-and-people/malawi-drought-crop-failures-food-insecurity-africa/
マラウイ、干ばつで数百万人の食糧不足に苦しむエルニーニョはアフリカ南部の広い地域に異常気象と干ばつをもたらし、何百万エーカーもの農作物を破壊した。

Bloomberg - https://www.bnnbloomberg.ca/south-african-corn-exports-may-plunge-58-on-el-niño-agbiz-says-1.2088741.amp.html
南アフリカのトウモロコシ輸出、エルニーニョの影響で58%急落の可能性、Agbizが発表農業会議所は、南アフリカのトウモロコシ輸出は今期おそらく58%減少し、干ばつ時に伝統的に南アフリカに依存してきた近隣諸州で不足が生じる可能性があると予測した。