TMP

CASE事例

データの提供

CASEBON SCUROの事例

資金提供者

英国外務・英連邦・開発省(FCDO)

パートナー

Bon sucro
Illovo
Coca-Cola
Czarnikow
Unilever

内容

主要なサトウキビ認定機関(Bon sucro)と最大の生産者(Illovo)、購入者(Coca-Cola)、およびアフリカの砂糖の最大のトレーダー(Czarnikow)と提携し、彼らの小規模農家のサプライチェーンの耐久性を向上させる取り組みを行いました。砂糖の栽培と加工資産における環境、社会、政治リスクのアセスメントサマリーを 100 件以上提供しました。その後、関係者と協力して、さまざまな社会的および環境的要因の低コストなモニタリングツールを開発しました。

主な成果

6 つのアフリカ諸国全体で、何千もの農家を支援し、デジタル自己報告の重要性を示し、私たちが導入した方法がセクターでの標準的な運営方法となりました。低コストのモニタリングツールの 1 つである害虫および病気の管理モジュールは、商業的効率性と環境への影響を改善しました。当時、害虫のモニタリングは効率が悪く、農薬の無駄な使用や環境への有害な影響をもたらしていました。これにより、農家は農薬を効果的に使用でき、コストと負の環境影響を減らすことができました。

重要な教訓

デジタル自己報告の重要性を実証しました。限られた教育しか受けていない小規模農家でも、社会的および環境的な影響を効率的に監視・報告し、サプライチェーンに前例のない詳細レベルの透明性を提供することができました。また、サハラ以南アフリカのさまざまな農場を訪問し、彼らが直面する課題を理解する機会を得ることができました。特に、水やその管理に関する問題が根深いものであることです。この資源を管理するためのデータ主導型のシステムが重要な役割を担っていることを示しました。